これ1台で自宅がジムに!「BODYBOSS2.0」|前編

今回のインタビュー

自宅でトレーニングをしたいと思った時、ベンチプレスやダンベルといったような器具を取り揃えるのは、お金も場所もかかりますよね。そんな中、今回小さく折り畳んで持ち運びもできるポータブルフィットネスジムを取り扱っている企業に出逢ったので、商品の詳細やどのような使い方ができるのか、インタビューして来ました。

御社のご紹介と、会社の理念について教えてください

株式会社GROWと言いまして、名前の通り「成長」という意味です。海外のメーカーさんと取引しており、まだ日本にない商品を日本に持ち込んで販売するいわゆる「商社」みたいな業務をしています。色んなメーカーさんと共に成長していくという事を理念として活動しています。

そのような理念を持ったきっかけは何ですか?

元々はこうした理念があったわけではありませんでした。輸入やそういったメーカーの商品を仕入れて販売していく中、で自分の会社の利益をただ出し続けるという考え方だとあまり上手くいかないという事に気が付きまして、そこで色々考えていく中でビジネスとは理念が無いと続かないなと感じました。うちの理念は何だろう、と考えた時にうちの利益だけではなくてメーカーさんの利益の事も考えて、販売した後の顧客の利益も考えてみんなで共に成長する、ということが重要だという事に気が付き、それを理念としました。

御社が取り扱う「日本初・世界初」といった商品はどのようなものですか?

いくつかあるのですが、うちがメインで扱っている「BODYBOSS2.0」という『自宅がジムになる』世界初のポータブルフィットネスジムというものを日本で扱っています。

これまでも自宅でのトレーニングやフィットネス器具と言ったものは沢山あると思うのですが、BODYBOSS2.0の場合はそれが一つあれば40種類以上のワークアウトが自宅で出来てしまうという優れものです。更にコンパクトに折りたためて邪魔にもならず、持ち運びもできるという非常に汎用性の高い商品となっています。

特定の部位を鍛える、ということではなくて全身を鍛える事が出来ます。スクワットなども出来ますし、オプションでベンチがあればベンチプレスも自宅で可能です。二の腕や腹筋ももちろんのこと、全身くまなく鍛える事が出来るというものとなっています。

bodyboss商品画像

この商品は、ユーザのどういった悩みを解決できる商品でしょうか?

皆さんダイエットしたい、トレーニングしたい、という想いはあると思うのですが、それを生活の中に取り入れられるかというと中々難しいですよね。仕事が忙しいとか費用が高いとか、近くにジムが無いとか色々理由があると思うのですが、それを解決できるというコンセプトに作られた商品となっています。今販売していても思うんですけど、ジムに行けなかった日に自宅でBODYBOSS2.0でトレーニングする、という使い方をしている人もいます。購入者の中にはジムに行っている人もいます。ジムに通っていない方からは、自宅にこれが一つあれば自宅でいつでも色んなトレーニングができるので、とても重宝しています、といった意見も頂けています。

View this post on Instagram

[BODYBOSS取り扱い店舗拡大!] ヨドバシカメラの一部店舗でBODYBOSS 2.0の販売が始まりました。実際に試せる店舗もあるので、ぜひ寄ってみてください。 ※詳細は各店舗に問い合わせください。 ※取り扱い店舗:ヨドバシカメラ 新宿西口本店、ヨドバシカメラAkiba、ヨドバシ横浜店、ヨドバシ梅田、ヨドバシカメラ マルチメディア博多 #ボディボス #bodyboss #家ジム #動画 #ワークアウト #ワークアウト女子 #運動 #筋トレ #スポーツ #健康 #ヒップリフト #フィットネス #ポータブルフィットネスジム #筋トレグッズ #自宅筋トレ #筋肉 #ワークアウト自宅 #夏向けダイエット #ダイエット #トレーニング #鍛える #美尻 #gift #ギフト #sportec #スポーツ #yodobashi #ヨドバシカメラ #bodybossでワークアウト

A post shared by BODYBOSSJAPAN (@bodyboss.jp_official) on

なぜこの商品を日本に広めたい、と思われたのですか?

僕自身も元々色々とスポーツをしていたのですが、筋トレやトレーニングをきちんとはした事がなくて、実際に始めてみて自分が変化する、という事を体験しました。巷で言われるような「筋肉は裏切らない」みたいな。

本当にその通りで、程度の差はあるかも知れませんが筋肉は鍛えた分だけ結果が出るんですよね。自分が成長するというような感覚が大事だと思っています。きちんと努力すれば成長する、ということが分かれば他の分野でも同じことが通用するし、じゃあ自分の食生活を変えるとか、ちょっと勉強して自分を高めたいとかポジティブな部分にも影響してくるので、これを世の中に広めると、本当にいい人が増えていくというか、皆健康になるし病気も減るし、いいことづくめだなぁと思っています。更には日本ではまだまだフィットネス文化というものが欧米やヨーロッパと比べて低いのかなと感じているので、BODYBOSS2.0がどんどん広まっていくことで、社会的にもメリットがあるのではないかと思っています。今まさに自分もハマっているので(笑)

どのくらいの回数こなせば良い、などといったようなトレーニングメニューはありますか?

BODYBOSS2.0で出来る種目をWEBサイトの動画で見れるようになっています。例えばスクワットをやるにしてもフォームが違っていると全然効果は出ないので、正しい器具の使い方と正しい体の動かし方というものを動画でどんどんアップしています。

また、実際にそれをどうやって使うか、という点については感謝祭を開催した事があって、購入して頂いたお客様に対して使い方をレクチャーしたり、食の講座をやったり、そういった事を提案しています。まだそのコース自体は開発中で、これからジムのメニューとして組み込んでいければいいなとは思っています。

感謝祭の時は、BODYBOSS2.0をこちらで用意して購入者の方にお越しいただいて、パーソナルトレーナーを呼んでトレーニング方法を色々とレクチャーしました。あまりに増えすぎると個々に教える事ができなくなるので規模としては大体20人くらいです。そうすると自宅にBODYBOSS2.0があるので、使い方を覚えれば自宅で同じことが出来るようになります。使い方が分からないという方も多いですし、やり方や正しいフォーム出なければ効果が出ないので、それをきちんと伝えるということが我々として出来る、商品購入後のフォローアップかなと思っています。業界自体としてもフィットネス文化を日本に浸透させる、という想いがあるので、今この活動を続けています。

View this post on Instagram

<BODYBOSS WORKOUT VIDEO #8> 大胸筋に効かせるワークアウト「ベンチプレス」 point 1: ベンチと腰の間に隙間を作る point 2: お尻がベンチから浮かないように セッティング含めて詳しい動画はプロフィールのリンクから公式HPをご覧ください。 監修:NSCA認定パーソナルトレーナー 湯沢広洋 @koyoyuzawa #ボディボス #bodyboss #家ジム #動画 #ワークアウト #ワークアウト女子 #運動 #筋トレ #スポーツ #健康 #ヒップリフト #フィットネス #ポータブルフィットネスジム #筋トレグッズ #自宅筋トレ #筋肉 #ワークアウト自宅 #ダイエット #トレーニング #鍛える #ベンチプレス #バストアップ #上腕三頭筋 #大胸筋 #ボディメイク #美ボディ #筋トレ動画

A post shared by BODYBOSSJAPAN (@bodyboss.jp_official) on

どんな方に使って欲しいですか?

忙しくてジムに行けない方に、是非使っていただきたいです。また、トレーニングすることで、身体を動かす事に対しての喜びを感じることができると人生が変わってくると思うので、そうした方へのきっかけになりたいなと思っています。誰っていう特定の人はいないのですが、男性女性問わず中々ジムに行けない方で、これなら出来るかなって思ってもらえる商品になればいいなと思っています。

引用元:anan 2018年2月号掲載

引用元:anan 2018年2月号掲載

どういった理由で男性にヒットしていると思われますか?

BODYBOSS2.0が1個あれば全身鍛えられるというのはもちろんですが、筋トレをしている方からすると背中を鍛えるっていうのが難しいんですよね。自重で腕立て伏せなどできるのですが、背中を鍛えるので一番有名な懸垂は自宅ではなかなかしにくいですよね。その背中のトレーニングも自宅で出来る、というのは結構革命的な部分になっていると思います。自宅に懸垂バーがあればまた別ですけど、中々無い方の方が多いので、背中を鍛えられるという事はやはりヒットの要因かなと。背中は身体の中で一番大きい3つの筋肉のうちの一つで凄く重要な部位なので、鍛える方が多いですね。

後編へ続く

後編ではマーケティング戦略についてインタビューしてきました。スタートアップ企業のマーケティング戦略はどんなことをしているのか、引き続き後編もご覧ください。

bodybossトレーニング写真 これ1台で自宅がジムに!「BODYBOSS2.0」|後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください